スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光旅行(その2)

宿はこじんまりとした所で部屋数は10室ほど。

本館はおされな洋館
CIMG5839.jpg
内装もインテリアにこだわっていてクラシックが流れているという、ちょっとしたドラマに出てきそうな雰囲気だった。

泊まった部屋は本館とは別の建物にあるデザイナーズマンションみたいな部屋。
部屋の螺旋階段を登ると露天風呂があった。
CIMG5833.jpg
こう、いつでも湯船にお湯が入っていると気軽に入れるのでありがたかった。

食事も美味しくてのーんびりできた。


翌日、チェックアウトして駅方向へ。
どうやら午前中に売切れてしまう羊羹があると聞いて、ぜひこれはGETしなければ!とワクワクしながらお店へ向かったら、
「本日休店」
・・・orz
前日の湯葉ちらしのお店に続いてこれはさすがに凹んだ。
とは言っても、近くに水羊羹で有名なお店があるのでそこで羊羹を、たまり漬けのお店でたまり漬け等を買う。
そして再び揚げゆばまんじゅうを買って食べる(笑)
昨日より沢山人がいた。
やっぱり人気なのね。
駐車場に戻る途中でJR日光駅がオシャレだったのでパシャリ。
CIMG5841.jpg
この日も沢山の外国人観光客がいました。
この駅の目の前に金谷ホテルベーカリーのお店があったので立ち寄り、一番人気の食パンを買う。
後日朝ご飯にトーストして食べたのだが、ずっしりと密度が濃くて今まで食べたことがない味だった。
スーパーで売っているパンがスカスカに思えた。


日光にバイバイして、向かったのは宇都宮駅。
そう、お目当てはこれ。
餃子。
DSC_0279_20140418145006f0c.jpg
東口に有名なお店があるのです。
13時半前くらいに着いたのに30分は待った。
実は祖父母家に行くたびに宇都宮餃子は買っているのだけど、こうお店で食べるのは初めて。
やっぱりお店で焼きたて食べると美味しいわー。
餃子3人前とライス2人前で1000円いかなかった。
お財布にも優しい。

食後、噂のレモン牛乳を飲んだ人も。
DSC_0280.jpg
1回飲めば十分だそうです(笑)


いい時間になったので帰宅。
あ、とちおとめソフト食べるの忘れた・・・と思ったら帰りの道の駅にあった。
やったー


そんな感じで今回の旅を終えたのでした。
東照宮と餃子以外は結構空いていたのでのんびりできたかな。
スポンサーサイト

日光旅行(その1)

日光旅行に行ってきた。

早朝に家を出て、まずは華厳の滝&中禅寺湖。
いろは坂はバスで行くと酔う自信があるくらいの急カーブ王国だった。
(写真中央よりちょっと下参照)
CIMG5795.jpg

華厳の滝は午前中だったからなのか、空いてたし虹もかかってた。
写真にはあまり写ってくれなかったけど。
(写真右下あたり)
CIMG5799.jpg

中禅寺湖はちょっとショb・・・(以下略)


坂を下って昼食。
事前にリサーチしておいた湯葉ちらしのお店がお休みだったので、第2候補のお店へ。
湯葉丼
(写真撮り忘れ)
具がたっぷりでお腹いっぱいになったけど、美味しかった。
湯葉トマトラーメンもなかなか面白い味だった。


昼食を取ったお店がそのまま車を停めておいて良いと言ってくれたので、お言葉に甘えて日光東照宮へ。
CIMG5809.jpg
ここは世界遺産なだけあってさすがに混んでいた。
しかも、観光客の半数が外国人じゃないかってくらい。
(アジア系も欧米系も)
世界遺産になるとこういう現象が起こるのか・・・

有名な三猿はうっかりしてると見逃してしまうくらいこじんまりとした場所にあった。
CIMG5813.jpg

眠り猫も人気だった。
CIMG5820.jpg


東照宮を観終え、有名な明治の館のチーズケーキを食べに行く。
(写真右。左はチェリータート。)
DSC_0272.jpg
何箇所か店舗があるのだけど、駅の近くのお店は雰囲気が良い感じのカフェだった。

ほっこり休憩した後、周りの土産店を見てたら揚げゆばまんじゅうを発見。
気になったのでケーキを食べた後にもかかわらず、出来立てを買い食い。
DSC_0273.jpg
ウマー!!!
これはぜひ日光に行ったら食べてもらいたいくらいの美味しさだった。


揚げゆばまんじゅうの美味しさに大満足し、宿へ。


<その2へ続く>
     
プロフィール

mari

Author:mari
mariの日常

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。