スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストリア・ルーマニア旅行記(ルーマニア編)

今回はルーマニア編。

(そういえば、写真は枚数が多いため小さく貼っていますが、クリックすると拡大して見れます。)

ルーマニアの地方都市へ行くため、ウィーン国際空港からこの飛行機で行った。
CIMG5290.jpg
プロペラ機w
あまりに小さい飛行機でびっくりした。


着いた空港からさらに車で数時間移動してこの日は終了。

移動する途中、車窓からの写真。
どこかの教会
CIMG5177.jpg

ジプシーの建造物
CIMG5200.jpg
やはり、ここでもジプシーのイメージは良くない模様。


次の日、英語ガイドさんにシギショアラ歴史地区という世界遺産に連れて行ってもらった。
ルーマニアの人がオススメする観光スポットらしい。

丘の下で車を止めて徒歩で登る。
丘を登ると別世界だった。

仕立て業者の塔
CIMG5204.jpg
ここには9つの塔があるらしい。

時計塔
CIMG5209.jpg

大きすぎて間近で撮影するとこんな感じ
CIMG5229.jpg
からくり時計がついている。

時計塔は中が博物館になっていて、古代ローマ時代のものからロケットの模型まで幅広い展示があった。
ちなみに、ロケットはここで育った有名な工学者に関するものなのだとか。
からくり時計の構造も見ることができて、なかなか興味深かった。

時計塔の上から観た古い町並み
CIMG5223.jpg

トーキョーはこちら
CIMG5226.jpg

時計塔の近くの教会
CIMG5218.jpg

山の上には教会と高校などがある
CIMG5208.jpg
下のトンネルの中の階段をひたすら登っていく。
トンネルになっているのは冬の雪対策らしい。

教会の隣にある縄職人の塔
CIMG5244.jpg
個人的にかなりお気に入りの1枚。
おとぎ話に出てきそう。
13世紀に建てられたらしい。

この地区は今でも人々が普通に生活している
CIMG5253.jpg
子どもたちによく「コンニチワー!」と言われた。
手を振ってくれたりと人懐っこくて可愛い。
ガイドさんに聞くと、ここに観光に来る東洋人=日本人というイメージらしい。
昨今、増えているらしいですよ、日本人観光客。


場所は移動して、トゥルグ・ムレシュという地方都市へ。
ここはルーマニア人とハンガリー人が半々ずつ暮らしている文化都市。
よって公用語も2種類。

県庁舎
CIMG5259.jpg
子連れ狼の像が立っていて、これは神話に出てくる狼らしい。

文化宮殿
CIMG5263.jpg
日々コンサートが行われている。

文化宮殿内部
CIMG5274.jpg
ロビーにあたる場所かな。

リストのステンドクラス
CIMG5276.jpg
階段の踊り場にあった。


ルーマニア滞在は本当に短かったけれど、噂に聞く治安の悪さみたいなのは特に感じなかったし、人も親切だし(特に男性はにこやかで感じが良かった)、中世の雰囲気が残っている場所が沢山あったりで結構楽しめた。
トイレが紙を流せなかったり、信号が壊れててドキドキしながら道路を横断したりとまだまだ発展途上な部分は多々あるけど。
今度、改めてゆっくり訪れてみたいと思った。


次回は、食べ物・お土産編を書く予定。
スポンサーサイト

オーストリア・ルーマニア旅行記(ザルツブルク編)

1日だけツアーを申し込んでザルツブルクへ。
ザルツブルクとは「塩の城」という意味でその名のとおり塩で栄えた街らしい。

ウィーンから電車で2~3時間。


車窓からの景色で思わずカメラのシャッターを切る
CIMG5009.jpg


着いて早々ランチを早食いし(時間がなかったので・・・)ツアーへ。


まずはミラベル宮殿。
CIMG5026.jpg
サウンド・オブ・ミュージックの撮影が行われたポイントがいくつもあった。


続いて旧市街地へ向かう。
途中、ドップラーの家とカラヤンの像に出会う。
二人ともザルツブルク出身。

ドップラー家
CIMG5036.jpg

カラヤン像
CIMG5042.jpg

最近はカラヤンを知っている若者が減ったとガイドさんが嘆いていた。


川沿いからホーエンザルツブルク城が見えた。
CIMG5047.jpg
ちょっと霞んでいるけど。
ここへはケーブルカーに乗って行くらしい。

旧市街地の家の中庭。
CIMG5055.jpg
オシャレだったのでパシャリ。

昔は汚物やゴミを中庭に捨てていたのだそう。
よって人々は中庭を通らず、2階~のテラスを通路として使っていたのだとか。
ちなみにザルツブルクは微妙に傾斜がついていて定期的に一気に水を流してこれらの汚物を川に流していたのだそう。
昔って下水処理が大変だったのね。。。ポンペイの水路がいかに発達していたのかよくわかる。

大聖堂
CIMG5074.jpg
今日の姿はバロック様式なのだとか。

定番、モーツァルトの生家
CIMG5087.jpg
1階はスーパーマーケット。
2階より上はちゃんと記念館。
残念ながら中は撮影禁止。
モーツァルトがフリーメイソンの会員だったとは・・・
「魔笛」でフリーメイソンの秘密を暴露しまくったため殺されてしまった、なんて噂もたっているのだそう。



ザルツブルク市内を駆け足で巡った後、ザルツカンマーグート地方へ向かう。
ザルツカンマーグートとは「塩の御料地」という意味で岩塩の採掘地なのだそう。
ここには氷河が削ってできた湖がたくさんあり、水もとても綺麗で保養地として人気らしい。

最初の町、サンクト・ギルゲンのモーツァルト広場。
CIMG5098.jpg
この町でモーツァルトのお母さんが生まれたらしい。

ここから遊覧船に乗る。
(船!?・・・コワイヨー!!と心臓がバクバクだったけど、動き出したらエンジンの振動で大丈夫だった。)

船からの景色は言わずもがな。
CIMG5138.jpg
船の中にはバーもあり、スパークリングワインを堪能。

40分ちょいでザンクト・ヴォルフガングに到着。
オペレッタ「白馬亭」の舞台となった白馬亭を見て、サウンド・オブ・ミュージックの結婚式の撮影が行われた教会があるモントゼーへ。
(ちなみに実際の結婚式は違う場所で行われたそう)

教会の後ろに広がる空の色と建物の色がいい感じ。
CIMG5177.jpg
晴れて本当に良かった。


ちなみに、これはこの地方の伝統衣装。
CIMG5162.jpg
ちょうどザルツブルクでお祭りがあったため、これを着ている人がたくさんいた。
結婚式に参列する時もこれを着るらしい。
かわいい。



次回は、ルーマニア編を書く予定。
     
プロフィール

mari

Author:mari
mariの日常

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。