スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石垣島・竹富島旅行記(3日目)

3日目


そうそう、前の日記の追記。
2日目の深夜、星を見ようと外を見たら・・・あれ、星が見えてる!?ということで、寝ている夫を引きずり出してビーチへ。
(このホテルにはプライベートビーチがある)
!!
天の川見えたー☆
流れ星見えたー☆
これを見たかった!!
大満足で部屋に戻ってしばらくしたら雨音が・・・あの空はほんの一瞬だったっぽい。


夜が明けると雨・・・ではなく、晴れ!
やっと晴れてくれた!!
今日は本当に晴れてくれて良かった。
アクティビティな日だったので。


早めの朝食を済ませたら、車で1時間ほどのダイビングショップへ。
着替えを済ませたら港へ向かう。
港・・・そう、今回のダイビングは船で行くのです。
すっかり忘れてた・・・orz
(今までのダイビングは偶然にも2回とも陸からだった)
この前調べたら、どうやら私は「高所恐怖症」などの仲間の「揺れ」の「恐怖症」らしい。
確かに、怖くて発狂しそうになるだけで酔わないんだよね・・・克服したいものだが・・・
恐怖心と戦いながら必死に必死に耐えてダイビングスポットへ。
幸いにもこの日は波はさほどなかったらしい(といっても、自分には限界値MAX)
インストラクターからひと通り説明を受けて、いざ海の中へ。
(やっと船から降りられた。。。)
今回はインストラクターに手を引いてもらうわけでもなく、底を這う感じでインストラクターについていった。

キビナゴの群れ
20130816_2

20130816_1
後で、「あのキビナゴたち、揚げて食べると美味しそうだったよね」と夫に話したらドン引きされた。
刺身でも美味しそうだよね。

おなじみ、クマノミ。今回はペア。
20130816_3
カカア天下っぽい感じがよく出ている。
(大きいのがメス)

ノコギリダイの群れ
20130816_4
こいつも美味しいらしい。

その他にもウミヘビに遭遇したり。
まったりとしたダイビングだった。
40分以上潜ってたらしい。

ダイビングが終わって船に戻ったら、さっきより船が大丈夫になってた。
耐性が少しできたのかな。

資格は欲しいけど、船の問題とか時間の問題とかお金の問題とか・・・なかなか難しいのが現状、むぅ。


ダイビングが終わったら、昼食の時間。
玉取崎展望台のそばのレストランへ。
テラス席からの眺めが特別だった。
20130816_5
こじんまりとしたレストランだったのでゆったりとでき、展望台に行くよりお得な時間を過ごせた気がする。


昼食後、まだちょっと時間があったけれど、パラグライダーの集合場所付近の海岸へ行ってみる。
明石海岸。
人がほとんどいない、プライベートビーチみたいだった。
20130816_6
ただ、先月の台風でゴミが漂着していた。
残念。
(注:アヒルは違います)
そこで写真を撮ったり、ヤドカリと遊んだり。


そんなことをしているうちに時間になったのでパラグライダー体験へ。
風の影響で飛べるかどうか心配だったけど、無事に飛べた!
ひゃっほーぃ
20130816_7
300m以上の高度があった模様。

足元にはサンゴ礁と雲と自分たちの影。
20130816_8
空からでしか見れない光景だと思う。
向きを変えると日本海側の東シナ海が見えた。
この場所は太平洋側と日本海側の海が同時に見れるスポットらしい。

とにかく生身で風を受ける感覚は格別だった。
操縦はすごく大変そうだったけど。
ちなみに後日写真を見たら、キュロット+生足の格好だったため、ワタクシの立派な太ももが写し出されていた・・・orz


飛び終えたら、もう夕方。
帰りがけに川平湾に寄る。
この色!
20130816_9
ここで泳げないのが実に残念なくらいの綺麗さだった。
明日、グラスボートに乗りたいねー、と言いながらホテルに戻る。


ホテルのビーチも綺麗だと聞いていたので遊びたかったのである。
水着に着替えてビーチへ。
・・・?
あれ、透明じゃない・・・よね?
濁ってない???
話と違うー(泣)
しばらく海の中にいたものの、結局砂浜でヤドカリと遊ぶことに時間の多くを費やしたような。
どうやら、先月の台風で赤土がビーチに入ってきてしまったらしい。
残念すぎる。
(いろんな所で話を聞く限り、先月の台風は相当だったらしい)
このリベンジはいつか果たしてやる!


着替えて夕食に出かける前に、再びビーチへ向かうと日没の時間だった。
20130816_10
完璧とは言えない夕日だったけど満足だった。
この旅で初めて見えたよ、夕日ちゃん。


その後、何故か遅れてきた路線バスに乗って夕食を取りに市街地へ。
(↑渋滞なんかないはずなのに、何故遅れてるんだ??と他の客とバス停で盛り上がってちょっと楽しかった)


本日の夕食は、GWに石垣島を訪れたS武夫妻のオススメしたお店。
彼らが絶賛したお店だけあって間違いはなかった!
石垣牛の握りとか・・・まさに口の中でとろける。
感動ものだった。
その他にも、地元野菜の天ぷら、チャンプル系、地豆豆腐、生春巻き。などなど。
今思い出してもヨダレがでそうな品々を満喫した。
写真・・・また食べるのに夢中で、撮っていたものは今回の旅でこれでもか、と食べた海ぶどうのみ。
20130816_12
海ぶどう、夫が特に気に入ったようだった。

お酒も地ビールから泡盛から古酒から・・・カラカラというのは泡盛用の器だということ知った。
カラカラっていうお酒かと思っていたヨ。
店員さんによると、「玉の露」はクセがある泡盛で、中高年に人気なのだとか。
でも、私はこれが気に入った(笑)
あと、古酒は八重泉を飲んだ。
古酒もまた美味しい。
・・・と、飲んだり食べたりしまくった結果、相当なお値段になっていたのであった。
まあ、こんな日もあるよねw


日中運動したこともあり、私も久々にお酒で上機嫌になって、タクシーでホテルに戻る。
シャワーを浴びる間もなく爆睡したのであった。


そういえば、コテージの壁によく貼り付いていたヤモリ。
20130816_11
可愛い。
このつぶらな目とぺチッとした足がたまらない。
二匹ほど部屋に侵入してきた時はさすがにびっくりしたけど。
ヤモリは漢字で「家守」と書いて、その名のとおり家を守ってくれるのだという。
だからそっとしておいてね、と部屋にメモが置いてあった。
一家に1ヤモリ。


<4日目に続く>
スポンサーサイト

石垣島・竹富島旅行記(2日目)

2日目。

朝、雨は上がっていた。


朝食を済ませたら集落へ。
竹富島名物、水牛車観光。
朝一だったので空いていた。
20130815_1
写真は別の子だけど、乗ったのはまだ新入りの男の子の牛車。
男の子なのにピンクの花がついてた。
新入りとはいえ狭い道の内輪差までちゃんと計算して歩いたりと賢い子だった。
途中で水浴びさせてよ、と止まったりもしたけれど(笑)

集落は重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、家を作るにも何を作るにも決まった形式にそらなければならないらしい。
詳しくはwikiで。
その甲斐もあってとても癒される町並み。
20130815_2
道ですら砂で作られている。
手入れが大変なのだそう。
集落には南国フルーツや花があふれていた。
ガイドさんの「安里屋ユンタ」も聴けて良いツアーだった。


ツアーを終えると、昨日のリベンジで西桟橋へ。
20130815_3
何とか晴れ間が覗いていて景色が良かった。
良かった良かった。
桟橋から海を覗くと(と言っても水深はとても浅かった)カラフルな魚やカニやナマコたちがたくさんいた。
すごいー
生のナマコってのを初めて見た。


その後、集落に戻ってなごみの塔を探していたら突然の大雨・・・
雨宿りしていたらチェックアウトの時間が迫ってきたのでホテルに戻る。


チェックアウトを済ませたら荷物をそのままホテルに預けて昼食へ。
お目当てのお店についたらまだ開いてなかったのだけど、雨が降ってる中待っていたら中へ入れてくれた。
ありがたい。
このお店の車えびのそばを食べようと思ったのだけど(竹富島は車えびの養殖が盛んらしい)どうやら時期ではなかったらしくメニューにテープが張られてた。
残念。
よって、普通に八重山そば。
20130815_4

こちらのそばはなんとスペアリブが乗っていた。
20130815_5


ホテルに荷物を取りに戻り、港へ。
お客さんが行き来する時間帯じゃなかったのに、親切に港まで送ってくれた。
感謝。
今度はすっきりと晴れている時に来たいなぁ。


石垣島に着いたらレンタカーを借りる。


ホテルはちょっと遠いので途中の鍾乳洞に寄り道。
雨が降っていたから室内(?)の鍾乳洞は混んでいるかと思いきや、ガラガラ・・・むしろ貸切状態だった(笑)
竜ヶ岩洞もすごいけど、ここの鍾乳洞もすごかった。
20130815_6

侵食されかけの床。
20130815_7
なかなか興味深い。
結構起伏のある道のりで疲れた。


そして、ホテルにチェックイン。
これから2泊はフサキリゾートヴィレッジ
なかなか名の知れたホテルっぽい。
お部屋はこちら。
20130815_10
結構敷地が広かったのだけど、ラッキーなことにフロントから近い部屋(コテージ)だった。


荷物を置いたら、石垣やいま村へ。
三線を体験した。
運指表はこんな感じ。
20130815_8
なんと、薬指は使わないらしい。
バイオリン弾きにとってはこれが意外と難しかった。
ついつい使っちゃうんだよね。。。
三線は弾き語りができなきゃ、と言われて「ふるさと」の弾き語りの練習。
私、無理なんだよなー、音名で歌っちゃうんだよなー(ソルフェージュのせいか!?)
かなり苦労した。
弾くだけなら結構いけたのに。
一方ギター弾きの夫は難なくこなしていた模様。
むぅ。


やいま村をしばらく散策。
復元家屋の海人の家。
20130815_9
昔の漁師さんの家はこんなんだったのか。


やいま村でお土産を見ていたら、もういい時間だったので、夕食を取りに市街地へ。
次の日に行くお店は決めていたけど、今日は何を食べようか全く決めておらずしばらく迷う。
・・・結論。
石垣牛を食す!
ガイドマップを頼りに人気のある焼肉屋へ。
石垣牛ウマイ!
20130815_11
↑空腹と肉の誘惑により写真を撮り損ね、写真を撮らなきゃ!気づいたときにはこんな状態・・・
助手席の特権で泡盛も飲んだ。
こちらではメジャーな初心者向けの請福。
確かに軽くて癖のない泡盛だった。


途中、コンビニでご当地デザートとお菓子を買ってホテルに戻る。
ちんすこうアイスがおいしかった。


次の日はダイビングのため、早めに就寝。


<3日目に続く>

石垣島・竹富島旅行記(1日目)

石垣島と竹富島へ旅行してきた。



今回はANAを利用。
行きは時間の関係で那覇経由。
羽田→那覇はB747だった。
20130814_1
2階の席だったのだけど1階とは随分眺めが違って意外だった。
エコノミーなのにちょっとリッチな気分だった。
ただし、後方の席は上に荷物置き場がないので注意が必要。


石垣島に移動したら1日目の宿泊先の竹富島へ。
実は、私、船が大嫌いなのだけど(長周期の揺れがダメ)竹富島まで10分なら何とか耐えられると思い、目をつぶりながら何とか到着。


本日の宿泊先。
20130814_8
こじんまりとしたホテルだけどアットホームな雰囲気がすごく良かった。
スタッフさんがとても親切。

ロビーにはヤシガニがいた。
20130814_9
指を入れると簡単にチョッキンと切断されてしまうくらい力があるらしい。
ちょっかいを出した夫を威嚇してた。
ちなみに夕食後、このケースの中に生きたトカゲ(ヤモリだったかも)が入っていたのだが・・・まさか ((((;゚Д゚))))

部屋はこちら。
20130814_2
オープンしてまだ1年ほどしか経っていないため、とても綺麗だったし施設もアメニティも充実してた。
島音楽のヒーリングCDまで置いてあった。
あと、オリオンビールつきプランにしたら、1泊なのになんと4本もオリオンビールがついていた!
さすがに一晩では飲みきれないので(泡盛も飲むし・・・)余った分はお持ち帰り。


荷物を置いたら早速集落へスイーツ探しに。
もう夕方近かったので、お目当てのお店は終わってしまっていると思っていたのだけど、まだやっていた。
ラッキー
20130814_3
左から「うちなーサンデー」「南国パフェ」
長旅の疲れを癒してくれる美味しさだった。

その後、ホテルで自転車を借りてカイジ浜とコンドイ浜へ。
20130814_4
カイジ浜の星の砂、どれかわからなかった・・・orz
もう夕方だったのと、曇っていたのとで海の色がちょっと残念だった。

その代わりたくさんのヤドカリを発見。
20130814_5
この顔がたまらない。


その後、夕日を見に西桟橋に行ったのだが曇っていて見れず。
残念。
むぅ。


ホテルに戻って夕食。
20130814_7
郷土料理づくしで満足。
もずくがこんなに美味しいとは・・・。
石垣牛のハンバーグがクセになりそうだった。
ここで、「玉の露」の古酒に出会う。

晴れていると午後8時から30分間中庭の灯りを消して星空が見えるようにしてくれるらしい。
・・・けど、この日は灯りが消されることはなく。
夜中もちょくちょく起きて空を見たけど曇ったり雨が降ったりで星は見えなかった。



<2日目に続く>

カレー in 軽井沢

7月の末に親と軽井沢に行ってきた。

特に狙ったわけではないのだけれど、2日連続でカレーを食べたので記録。


1日目
130726_1
アトリエ・ド・フロマージュ 軽井沢店
こちらのランチセットの一品、焼きチーズカレー。
真ん中に卵も入ってます♪
チーズのお店だけあってチーズがまた美味しい。
今度はティータイムにチーズケーキを食べに行きたい。


2日目
130727_1
三笠茶屋 くんぺい
三笠ホテルカレー。
旧三笠ホテルの向かいにあるお店。
森の中にあるような小さなお店でほとんどテラスのようなお店で吹き抜ける風が心地よい。
このカレーは旧三笠ホテルで出されていたカレーをアレンジしたものだそう。
きのこカレーで甘めなので、スパイスを自分でかけて辛さ調節をするスタイルでした。


他、訪れた観光地については気が向いたらまた書くつもり。
     
プロフィール

mari

Author:mari
mariの日常

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。