スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光旅行(その2)

宿はこじんまりとした所で部屋数は10室ほど。

本館はおされな洋館
CIMG5839.jpg
内装もインテリアにこだわっていてクラシックが流れているという、ちょっとしたドラマに出てきそうな雰囲気だった。

泊まった部屋は本館とは別の建物にあるデザイナーズマンションみたいな部屋。
部屋の螺旋階段を登ると露天風呂があった。
CIMG5833.jpg
こう、いつでも湯船にお湯が入っていると気軽に入れるのでありがたかった。

食事も美味しくてのーんびりできた。


翌日、チェックアウトして駅方向へ。
どうやら午前中に売切れてしまう羊羹があると聞いて、ぜひこれはGETしなければ!とワクワクしながらお店へ向かったら、
「本日休店」
・・・orz
前日の湯葉ちらしのお店に続いてこれはさすがに凹んだ。
とは言っても、近くに水羊羹で有名なお店があるのでそこで羊羹を、たまり漬けのお店でたまり漬け等を買う。
そして再び揚げゆばまんじゅうを買って食べる(笑)
昨日より沢山人がいた。
やっぱり人気なのね。
駐車場に戻る途中でJR日光駅がオシャレだったのでパシャリ。
CIMG5841.jpg
この日も沢山の外国人観光客がいました。
この駅の目の前に金谷ホテルベーカリーのお店があったので立ち寄り、一番人気の食パンを買う。
後日朝ご飯にトーストして食べたのだが、ずっしりと密度が濃くて今まで食べたことがない味だった。
スーパーで売っているパンがスカスカに思えた。


日光にバイバイして、向かったのは宇都宮駅。
そう、お目当てはこれ。
餃子。
DSC_0279_20140418145006f0c.jpg
東口に有名なお店があるのです。
13時半前くらいに着いたのに30分は待った。
実は祖父母家に行くたびに宇都宮餃子は買っているのだけど、こうお店で食べるのは初めて。
やっぱりお店で焼きたて食べると美味しいわー。
餃子3人前とライス2人前で1000円いかなかった。
お財布にも優しい。

食後、噂のレモン牛乳を飲んだ人も。
DSC_0280.jpg
1回飲めば十分だそうです(笑)


いい時間になったので帰宅。
あ、とちおとめソフト食べるの忘れた・・・と思ったら帰りの道の駅にあった。
やったー


そんな感じで今回の旅を終えたのでした。
東照宮と餃子以外は結構空いていたのでのんびりできたかな。
スポンサーサイト

日光旅行(その1)

日光旅行に行ってきた。

早朝に家を出て、まずは華厳の滝&中禅寺湖。
いろは坂はバスで行くと酔う自信があるくらいの急カーブ王国だった。
(写真中央よりちょっと下参照)
CIMG5795.jpg

華厳の滝は午前中だったからなのか、空いてたし虹もかかってた。
写真にはあまり写ってくれなかったけど。
(写真右下あたり)
CIMG5799.jpg

中禅寺湖はちょっとショb・・・(以下略)


坂を下って昼食。
事前にリサーチしておいた湯葉ちらしのお店がお休みだったので、第2候補のお店へ。
湯葉丼
(写真撮り忘れ)
具がたっぷりでお腹いっぱいになったけど、美味しかった。
湯葉トマトラーメンもなかなか面白い味だった。


昼食を取ったお店がそのまま車を停めておいて良いと言ってくれたので、お言葉に甘えて日光東照宮へ。
CIMG5809.jpg
ここは世界遺産なだけあってさすがに混んでいた。
しかも、観光客の半数が外国人じゃないかってくらい。
(アジア系も欧米系も)
世界遺産になるとこういう現象が起こるのか・・・

有名な三猿はうっかりしてると見逃してしまうくらいこじんまりとした場所にあった。
CIMG5813.jpg

眠り猫も人気だった。
CIMG5820.jpg


東照宮を観終え、有名な明治の館のチーズケーキを食べに行く。
(写真右。左はチェリータート。)
DSC_0272.jpg
何箇所か店舗があるのだけど、駅の近くのお店は雰囲気が良い感じのカフェだった。

ほっこり休憩した後、周りの土産店を見てたら揚げゆばまんじゅうを発見。
気になったのでケーキを食べた後にもかかわらず、出来立てを買い食い。
DSC_0273.jpg
ウマー!!!
これはぜひ日光に行ったら食べてもらいたいくらいの美味しさだった。


揚げゆばまんじゅうの美味しさに大満足し、宿へ。


<その2へ続く>

久しぶりすぎる

気がついたら2ヶ月近く放置してたっぽい。

あけましておめでとうございます

特に書くことはないのでちょこっと料理ネタ。


クリスマスの時にブームにのってリースサラダ作りました。
DSC_0162.jpg
トマトの配置が微妙だったけど・・・。
他のメニューがこってり系だったので、下にポテトサラダは敷かずに葉っぱだけで丸く成形。
上のバラは生ハム。
もうちょっと豪華なバラにしたかったけど、生ハムが小さかったみたい・・・


ピザも最近は比較的簡単に作れる生地が活躍中。
DSC_0210.jpg
但し、このようにがっつり具を載せると真ん中の焼け具合がちょっと足りないので焼き時間注意。
生地のレシピはこちらのものを参考に作ってます。


最近はレシピがネットで検索できてすごく便利なのだけど、料理しながらいちいちPC画面見るのは正直面倒くさい。
ので、最近は気に入った&リピートしたいレシピをノートにまとめておくことに。
面倒くさがりなのでなかなか進まないのだけど、少しずつページが増えていくのって楽しい。

1周年

結婚記念日ということで、ねずみーリゾートへ行ってきた。


お昼前に到着。
ホテルで結婚式を挙げたため、ホテル内のレストランでスペシャルランチを頂いた。
最後にはこのケーキとデザート。
CIMG5658.jpg
ドナルド&デイジー!

CIMG5662.jpg
この時計は11:59を指していて、夢がずっと続きますように、みたいな意味を込めているらしい。
食べるのがもったいなかった。


この日は快晴。
中庭を散策するとガセポが。
CIMG5666.jpg
ええ、晴れていればここでミッキーミニーに会ってたのですよ。
なぜあの時だけ雨が降ったのか・・・orz


15時にホテルにチェックイン。
今回はミラコスタに宿泊。
ホテルを出るとそのままシーに入れるのです。
・・・といっても、クリスマスシーズン。
人が多いっ!
写真撮っていたらもう夜だしー。
サンドイッチとホットワインで食事を済ませたらいったん部屋へ戻る。
ビール・ポップコーンと共に部屋からクリスマスのショーを鑑賞。
やっぱり部屋から観るショーは良い!

ショーが終わったら、抽選で指定席を手に入れたビックバンドビートへ。
クリスマスver.ということで、すごく素敵なステージだった。
さすが、ミッキーは多才である。

終了して出てくるともう21:30。
イチかバチかタワーオブテラーに向かうと案内終了間際だった。
滑り込みセーフ。
あの像が消えるトリックを検証できた。
なるほど!!
しかし、あのアトラクションは何度乗っても怖い。。。

パークが閉園時間となり人が減る。
このわずかな時間に写真を撮ってみた。
CIMG5706.jpg
かわいい!


2日目は寝坊しつつも、チェックアウトが12時だったので部屋から昼間のショーを2回も見れた。
アリエルの人間バージョンって初めて観たかも。
最初わかんなかったw


そんなこんなでギリギリでチェックアウト。
昼食を済ませて帰宅したのでした。
モノレール乗り場のツリーも可愛いかった。
CIMG5748.jpg



初めての結婚記念日だったから贅沢に過ごしちゃったなぁ。
質素でも今後も毎年お祝いしたい。


あと、ついにダッフィーちゃんをゲット。
DSC_0151.jpg
うちのリラックマが嫉妬しなければ良いが・・・

オーストリア・ルーマニア旅行記(ルーマニア編)

今回はルーマニア編。

(そういえば、写真は枚数が多いため小さく貼っていますが、クリックすると拡大して見れます。)

ルーマニアの地方都市へ行くため、ウィーン国際空港からこの飛行機で行った。
CIMG5290.jpg
プロペラ機w
あまりに小さい飛行機でびっくりした。


着いた空港からさらに車で数時間移動してこの日は終了。

移動する途中、車窓からの写真。
どこかの教会
CIMG5177.jpg

ジプシーの建造物
CIMG5200.jpg
やはり、ここでもジプシーのイメージは良くない模様。


次の日、英語ガイドさんにシギショアラ歴史地区という世界遺産に連れて行ってもらった。
ルーマニアの人がオススメする観光スポットらしい。

丘の下で車を止めて徒歩で登る。
丘を登ると別世界だった。

仕立て業者の塔
CIMG5204.jpg
ここには9つの塔があるらしい。

時計塔
CIMG5209.jpg

大きすぎて間近で撮影するとこんな感じ
CIMG5229.jpg
からくり時計がついている。

時計塔は中が博物館になっていて、古代ローマ時代のものからロケットの模型まで幅広い展示があった。
ちなみに、ロケットはここで育った有名な工学者に関するものなのだとか。
からくり時計の構造も見ることができて、なかなか興味深かった。

時計塔の上から観た古い町並み
CIMG5223.jpg

トーキョーはこちら
CIMG5226.jpg

時計塔の近くの教会
CIMG5218.jpg

山の上には教会と高校などがある
CIMG5208.jpg
下のトンネルの中の階段をひたすら登っていく。
トンネルになっているのは冬の雪対策らしい。

教会の隣にある縄職人の塔
CIMG5244.jpg
個人的にかなりお気に入りの1枚。
おとぎ話に出てきそう。
13世紀に建てられたらしい。

この地区は今でも人々が普通に生活している
CIMG5253.jpg
子どもたちによく「コンニチワー!」と言われた。
手を振ってくれたりと人懐っこくて可愛い。
ガイドさんに聞くと、ここに観光に来る東洋人=日本人というイメージらしい。
昨今、増えているらしいですよ、日本人観光客。


場所は移動して、トゥルグ・ムレシュという地方都市へ。
ここはルーマニア人とハンガリー人が半々ずつ暮らしている文化都市。
よって公用語も2種類。

県庁舎
CIMG5259.jpg
子連れ狼の像が立っていて、これは神話に出てくる狼らしい。

文化宮殿
CIMG5263.jpg
日々コンサートが行われている。

文化宮殿内部
CIMG5274.jpg
ロビーにあたる場所かな。

リストのステンドクラス
CIMG5276.jpg
階段の踊り場にあった。


ルーマニア滞在は本当に短かったけれど、噂に聞く治安の悪さみたいなのは特に感じなかったし、人も親切だし(特に男性はにこやかで感じが良かった)、中世の雰囲気が残っている場所が沢山あったりで結構楽しめた。
トイレが紙を流せなかったり、信号が壊れててドキドキしながら道路を横断したりとまだまだ発展途上な部分は多々あるけど。
今度、改めてゆっくり訪れてみたいと思った。


次回は、食べ物・お土産編を書く予定。
     
プロフィール

mari

Author:mari
mariの日常

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。